自分に合ったものを作る|カラコンがあれば誰でも可愛くなる|誰もが振り向く見た目に変身
女の人

カラコンがあれば誰でも可愛くなる|誰もが振り向く見た目に変身

自分に合ったものを作る

めがね

メガネはコンタクトレンズ同様に、視力の低下による見えにくさをカバーしてくれる視力矯正の道具です。メガネは視力に合わせたレンズを使わないと益々視力が悪くなったり、頭痛を引き起こします。また、顔の幅や目と鼻の距離も人によって異なります。ですから眼科で視力を正しく測って販売店で自分の視力と顔に合ったものを作ってもらう必要があります。子供の場合、走り回ったり活発に動くのでズレ落ちないようにバンドを付けたり、スポーツ用のメガネを使うのもよいでしょう。レンズに汚れや指紋などがつきやすいので、こまめにメガネ拭きを使ってレンズを清潔にしましょう。汚れが酷い場合は市販のメガネクリーナーを使うと綺麗に汚れが落ちます。また、レンズに傷がついていると視力によくありませんから、レンズの交換をしましょう。自分に似合うメガネが見つからないという人もいますが、様々なタイプのメガネが作られている今は選び方のコツを掴めば似合うメガネが見つかります。レンズの縦幅は眉毛から顎までの長さの3分の1にします。そしてレンズの中央に黒目が来るようにしましょう。次に顔の形から似合うメガネのフレームを探します。人間の顔の形は様々なタイプがあります。卵顔、丸顔、面長顔に三角顔、四角顔の5タイプです。卵顔は基本的にどのフレームでも似合うようです。丸顔にはキリッとした印象のスクエア型やすっきりとした印象のハーフリムが似合います。次に面長顔はカジュアルな印象のウエリントンや厳格で冷静な印象のフォックスタイプが似合います。三角顔は優しい印象のオーバルに柔らかく落ち着いた印象のボストン、ハーフリムが良いでしょう。最後に四角顔はオーバルが似合います。フレームのないリムレスタイプは自然な印象になるため、全ての顔の形に合います。選び方のコツさえ掴めばメガネも立派なファッションアイテムとして機能します。